他のローンと比べてカードローンは何が違って優れているか

カードローンも当然ながらローンの一つ

時代とともに身近になってきているカードローンは、その名の通りにローンの一つであり、借金の一種です。借りれば返済をする必要があり、返済時には金利などに応じて利息の支払いもしなければなりません。

 

住宅を買うため、車を買うため、教育資金のためなどのローンの場合にはしっかりとした返済の計画や見通しを立てるものですが、手軽に利用ができるカードローンの場合には返済計画を疎かにしてしまう方もいます。同じローンでありながらもカードローンは返済が軽視されがちなので、その点には十分に注意をしてください。

 

カードローンは便利に手軽にお金を借りられるサービスであり、他の各種ローンと比べても様々なメリットがある商品です。良い点を知り、暮らしに役立てられるようにすると良いでしょう。

 

 

カードローンと他のローン

ローンと一口に言っても、マイカーローンに住宅ローン、カードローンに教育ローンなど、様々なものがあります。それらの中でもカードローンは特殊で、使い道自由で何度でも簡単に借入れができるようになります。

 

そのため普段の生活で非常に便利ですが、反面金利が高く、借り過ぎると返済が大変になるというデメリットもあります。銀行であればオリックス銀行で適用のカードローン金利を見ても分かるように消費者金融よりも低金利ですが、それでも各種ローンに比べると金利は高くなっています。

 

各種ローンとの違い

住宅ローンやマイカーローンなど、多くのローンでは、直接現金を受け取るわけではありません。例えば住宅ローンで借入れしたお金は、直接住宅の支払いに回されます。住宅ローンで借りたお金で旅行にいったり、別の欲しいものを買ったりするわけにはいきません。

 

そして借入れは基本的に1度のみとなります。マイカーローンを組んで自動車を購入し、また次回にマイカーローンを組む時には、また申込みから始める必要があります。当然審査も再度行われます。

 

カードローンの場合には、申込み時には様々な申告や使い道、審査などがあります。しかし、これらに問題がなく、一度カードが発行されれば、何度でも繰り返し利用ができます。例えば冠婚葬祭の費用目的でカードローンを発行したとします。50万円の限度額がもらえたとして、40万円を冠婚葬祭で使っても、残りの10万円は自由に借入れできます。例えばそれが旅行資金だとしても、わざわざカードローン会社に申告する必要はありません。

 

しかもその際に再び審査があるわけでもないので、最寄りの提携ATMでカードを挿入すれば、すぐに借入れができます。更新はありますが、一度発行されれば基本的に何度でも繰り返し利用ができます。

 

カードローンの金利

繰返し自由に使え、残債が減って来ればまた借入れができるので、カードローンは他のローンと比べてもダントツに自由度が高いローンです。それでいて、利用の際に保証人や担保も必要がなく、手続きも最短でその日の内に終わります。簡単に作れて自由に使えるのは大きなメリットですが、デメリットもあります。

 

カードローンの使い道は基本的に自由ですが、その分金利は高めに設定されています。例えば大手消費者金融でカードローンを組んだ場合に、最初に適用される金利は18.0%の可能性が高いです。住宅ローンやマイカーローンと比べても、非常に高い金利です。

 

カードローンの限度額

カードローンは他のローンと比べて限度額が低めに設定されます。例えばマイカーローンでも200万円の借入れを行ったりしますが、カードローンでは申込み時から200万円の借入れを許可するケースは稀です。最初は数十万円程度の限度額から始まり、利用に応じて信用ができれば、限度額が増えていきます。

 

基本的に初回に関しては少額融資に留まり、特に消費者金融の場合には審査の結果によっては10万円前後の限度額となる方もいます。大きな金額を借りるには不向きなのもカードローンの一つの特徴となります。

 

消費者金融で借りるカードローンは金額の大きさよりも早さを重視する場合に向きますので、大手の人気消費者金融であるアイフルの即日利用を行う際にも、あまり大きな金額は期待しない方が良いです。