キャッシングとは違うのか

キャッシングとは違うのか

消費者金融ではキャッシング、銀行ではカードローンという言葉が使われるケースが多いです。両者の違いについて結論から言えば、今は実質的な違いはなくなりました。元々は、カードローンは長期的な返済、キャッシングは短期の完済という違いがありました。

 

キャッシングというと消費者金融というイメージが強いですが、借りたお金を一括で返済する時にキャッシングという言葉が使われていました。カードローンの場合には、複数に分けての返済であり、毎月返済をする代わりに、何度でも借入れが可能というイメージで使われていました。銀行ではカードローンという言葉が使われていました。

 

しかし、実際消費者金融でも支払はリボ払いが基本となっています。例えば20万円借入れすると、毎月5,000円返済するといった具合です。返済の間に追加で5万円借入れするのも可能ですし、残高の範囲に大きな変動がなければ、やはり返済額は5,000円のままです。これは消費者金融のキャッシングでも、銀行のカードローンでも同じです。

 

そして、一括で返済をしたい場合にも、特に問題なく行えます。例えば20万円借入れして、翌月に一括で返済したいとした場合、それが消費者金融であっても銀行であっても、同じように行えます。現在はキャッシングのようにもカードローンのようにも、自由に行えるようになったため、両社の違いは実質的にはないようなものになっています。

 

キャッシングはイメージとして金利が高いとされており、多くのキャッシング利用があるなら低金利カードローンへの一本化をするのも効果的です。一本化での借り入れならオリックス銀行の優れたおまとめローンを調べ、手続きを進めると良いでしょう。